ムダ毛・自己処理・黒ずみ・原因

ムダ毛の自己処理による黒ずみの原因はずばりコレ!

 

今回はムダ毛の自己処理による黒ずみがなぜ起こるのか?を検証してみる事にしてみました。

 

あなたはこんなお悩みはないですか?

 

カミソリやワックスで自己処理をし過ぎて何だか肌が黒ずんできた!やばい!

 

その原因についてなんですが、以下が主な原因です。

 

自己処理脱毛

 

カミソリや毛抜きによる自己処理によって、肌へのダメージが相当なものであると言う事があなたも、痛みや、処理後の赤みや痒み等でわかると思います。

 

このダメージ。つまり外部からの刺激によって、私たちの肌は防衛反応によって、お肌を守ろうとして、黒ずみの原因の『メラニン色素』の生成が活発になります。

 

これによって黒ずみが重篤化すると言う訳です。

 

皮膚への刺激によるもの

 

脱毛による自己処理以外の肌刺激によってもメラニン色素の生成が活発になり、結果として黒ずみの原因となります。

 

具体的には、下着やズボンによる締め付け・肌の掻きむしり・ボディタオルによるゴシゴシ洗いetcです。

 

よってなるべく締め付けの少ない肌着を普段から身に着けたり、お風呂に入る時は、場合によっては、ボディタオルではなく、手のひらと指先だけで洗うのもです。

 

肌の乾燥

 

肌の乾燥も黒ずみの原因になります。

 

理由は、水分保持機能を失った角質層は、バリア機能が失われて‘乾燥’という形で肌表面に症状があらわれます。
同時にそれは紫外線をもろに受ける結果となり、メラニン色素の活性化を生む形となります。

 

よって普段からしっかりと、保湿&紫外線対策を同時に行う必要があります。

 

機器による脱毛

 

最近では、光脱毛を用いた家庭用の脱毛器や、安全な出力レベルにまで抑えた同じく家庭用のレーザー脱毛器を使って、自宅でも簡単に脱毛を行う事が出来るようになりました。

 

さらにエステだと光脱毛。皮膚科および美容外科であれば高出力のレーザー脱毛による、より効果的な脱毛も非常に人気があります。

 

ただ総じて言えるのは、家庭用・専門機関の機器問わず、肌に直接、光やレーザーを照射させる以上脱毛後は、非常に肌が乾燥及び敏感な状態になりがちになります。
よって紫外線などの肌への外部刺激によって、メラニン色素の活動が活発になり、黒ずみの原因となります。

 

よって光orレーザー脱毛後は、普段以上に保湿と、紫外線クリーム対策を行う必要があります。