コントロールジェルme・産毛・効果

コントロールジェルmeは産毛の使用にも効果あり?

コントロールジェルmeは、産毛脱毛の使用目的でも効果を発揮してくれるかもしれません。

 

産毛が主に生えている箇所は、鼻の下、首筋、背中、お腹の周り、お尻周り、手足の甲など、
他の部位に比べて皮膚が薄くて敏感な場所に多く生えているのが特徴的です。

 

ただいくら1本1本の産毛が細くて弱弱しいものであっても、密集してわさわさと生えていれば、非常に目立ちます。
特にお子様の場合、体毛が濃くて悩んでいる子たちの多くが、顔や背中や腕にびっしりと産毛に覆われてしまい、体毛が非常に濃く見えてしまっているのではないでしょうか?

 

逆に産毛が少なくなれば、お顔のトーンがより明るくなったり、
お化粧ののりがよくなったり、お子様であればいじめにあわなくても済むようになります。

 

そんな産毛ですが、産毛を脱毛する為にはいくつかの方法があります。

 

【脱毛方法】

 

@毛抜きで抜く
(この方法はあまり現実的ではありません。数本程度であればもちろん可能ですが、本数が多くなってくると抜くのが非常に大変になってきます。さらに産毛は非常に細いので、毛抜きでつまみにくいです。)

 

Aカミソリで剃る
(この方法が一番現実的且つ殆どの皆さんがやられている方法だと思います。ただし産毛の特性上、どうしても太い毛と違って強くカミソリの刃を肌に押し当てて剃らなければうまく産毛を剃る事が出来ません。よって非常に肌への負担が大きいと言ったデメリットがあります。)

 

Bワックスで一気に抜く
(ワックスで一気に産毛を抜く方法もありますが、シートを剥がす時に非常に痛みが伴うのと、肌を大きく傷つけてしまう危険性の他、顔には使えないなどのデメリットがあります。)

 

Cエステや、家庭用脱毛器で処理をする
(エステや家庭用脱毛器に使用されている機器は、いわゆる光脱毛と呼ばれる、毛のメラニン色素に反応をして光が照射されて、毛母細胞を破壊する原理なので、産毛はメラニン色素が非常に薄いので、照射をしても脱毛効果が得られにくいデメリットがあります。)

 

D医療レーザー脱毛器で処理をする
(皮膚科や美容整形外科で使用されているレーザー脱毛器は、光脱毛に比べてより深い層にまでレーザーを照射する事が出来るので、毛母細胞を破壊する力は、光脱毛よりも強力です。よって体毛に対する脱毛効果は、永久脱毛に近い効果を発揮してくれます。ただその一方で、医療レーザー脱毛も、黒くて剛毛な毛のメラニン色素により強く反応をします。つまり産毛に照射をしても脱毛効果は得られにくいと言われています。また小さなお子様には医療レーザー脱毛は、体の負担が大きいと言った懸念もあります。)

以上が一般的な産毛に対する脱毛方法です。

 

どの方法もメリット&デメリットが存在しますが、
コントロールジェルmeであれば、唯一のデメリットは速効性がないと言った点があげられますが、

 

無香料・合成界面活性剤無添加・人工ジェル化剤無添加・人工着色料無添加で安心・安全ですし、
天然植物由来成分を中心に美肌・保湿成分も配合されているので、体以外にも、顔にも安心して使用する事が出来ます。(もちろんお子様にも。)

 

よって産毛が多くて、カミソリで剃ると肌荒れが酷くなったり、家庭用脱毛器を使用しても全く効果がないとお嘆きのあなたも、
一時しのぎではなく、毎日お肌のお手入れの一環として継続的にコントロールジェルmeを使用する事で、産毛の脱毛効果が見込めるので、

 

あなたも一度コントロールジェルmeを使ってみてはいかがでしょうか?
60日間にも及ぶ100%商品代金全額保証付きです!

 

 

>>敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!!返金保証付!