ムダ毛・毛抜き・注意点

毛抜きによる処理の注意点

ムダ毛の毛抜きによる注意点を紹介します。

 

まずムダケを毛抜きで抜くメリットは、

剃るのとは違って1本1本ムダ毛の毛根から抜くことができる。

 

(脇などは一度剃ってからまた数日後生え始めてきたら再度毛抜きで抜く事によって、
2度目のダメージを与える事ができます。)

これによって一時的な脱毛効果をはかる事はできますが、
それ以上にデメリットも大きいのが事実です。
具体的には、

毛穴がぶつぶつ状態になる

 

まさに鳥の皮が毛を抜かれて皮膚の表面がぶつぶつ状態になっているアノ状態と同じ。
(無理な力で毛抜きで毛を引っ張っているので抜いた後は毛穴がぶつぶつ状態になります。)

 

皮膚の黒ずみ

 

点でムダ毛を1本1本処理をする事によって、皮膚に刺激を与え、
皮膚全体がメラニン色素が活性化されて黒ずむと言った症状がおきます。

 

毛穴にムダ毛がつまり黒く目立つ

 

毛抜きの途中でムダ毛が切れて毛穴の中でつまってしまい毛穴が黒ずんで見える場合があります。
(いわゆる埋没ムダ毛)

 

 

このように皮膚に対するダメージが強い毛抜きによるムダ毛処理
あくまでも自己責任を覚悟の上で、消毒と保湿ケアをしっかりやる事を前提条件で行うようにしてみて下さい。