コントロールジェルme・口コミ

コントロールジェルMeを使うきっかけは?

 

コントロールジェルmeを私の剛毛な脚のムダ毛に使ってみた口コミです。

 

私は30代後半の親父なんですが、上半身は腕や脇の毛を中心に薄い方なんですが、
目下の私の悩みは脚全体の毛が濃い事です。

 

特に夏になると短パンをはいたり、海にいったりするので、特に毛深いと他人の視線が気になります。
まったく脚に毛がないのも男としてみっともないと思いますが、逆にありすぎるのもどうなんかなぁ?と言う感じです。

 

事実、最近では若い男性を中心に脚のムダ毛の脱毛が流行っているようです。
そう言えば以前、夏に東京に行った時に乗った電車で見かけた半ズボンを履いた男性の殆どが、すね毛がつるんつるんで、足首にはミサンガーをしていました。
(やはりそれ程、短パンを公共の場で履く以上、TPO?の兼ね合いで、例え男性であってもすね毛はキレイに剃っておく事が暗黙の事実になっているのかもしれません。)

 

そこで最初に私がトライをしたのが、除毛クリームによる脱毛です。
てっとり早くすね毛をキレイに除毛する事ができましたが、肌荒れを起こす事はなかったんですが、
いかんせん匂いがキツかったのと、すぐにすね毛が生えてきました。
そらやぁ〜そうですよね?薬品を使って毛を溶かして除毛をしているのに過ぎない訳ですから。

 

そしてその次に試したのが、家庭用脱毛器です。
この脱毛器は、医療機関でも使われているダイオードレーザー脱毛器を、家庭用の照射レベルに合わせて、低出力に置き換えたものです。
5万円以上もしたにも関わらず、結構痛くて頑張って1ヶ月間は使ってはみたんですが、
脱毛効果を確かめる事なく、使用するのを止めてしまいました。( ;∀;)
本当に照射時は、痛かったんですもん!

 

そこで自宅ですね毛の脱毛処理を自分でするのは諦めて、メンズエステにも通ってみましたが、
逆にエステの場合だと、レーザー脱毛ではなく、光脱毛と呼ばれる照射レベルが非常に低い脱毛器だったので、
あまり脱毛の効果を感じる事が出来ずに、
結局の所、エステで10万円近くもかけて脚のムダ毛の脱毛をしたにも関わらず、ムダに終わってしまいました。

 

そして今回は原点回帰ではないのですが、
もっと手軽にそして確実に自宅でムダ毛の脱毛ができないものか?
と色々ネットで探してみつけたのがこちらのフラワーエピソードのコントロールジェルmeでした。

コントロールジェルmeの大きな特徴は、塗るだけで抑毛効果を発揮して、ムダ毛をじょじょに細くしていく点です。(まさに私の剛毛の脚にはぴったりです!)

またコントロールジェルmeは、子供のムダ毛の処理対策にも使えるらしく、
つまりそれは子供にも安心して使用できる、安全な成分を使っているという事ですよね?

 

お子様でも体全身の体毛が濃くて、本人はもちろんの事、親御さんも悩んでいるご家庭も多いようです。
特にお子様の場合、毛深い事でお友達からからかわれたりして、いじめのターゲットにもなりかねませんからね。

 

さらにお子様の体毛をまさかカミソリで剃ってあげるのも、なんだか親として後ろめたさのようなモノを感じますよね?
コントロールジェルmeであれば塗布するだけでムダ毛対策が出来ますので、カミソリの刃をお子様の敏感肌に当てなくても済みます。

 

 

その他60日間の返金保証付の制度もあったので、今回コントロールジェルmeを使って私の脚のムダ毛の脱毛をしてみる事にしました。
このサイトは、そんな30代親父のコントロールジェルmeの使用体験レポートになっております。
私のようにムダ毛に悩むあなたのご参考になれるようなサイト作りをして行きたいと思います。

 

>>敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!!返金保証付!

 

楽天ランキング(脱毛クリーム部門)週間1位の【男女兼用 NULLリムーバークリーム】

 

>>私の使用体験談はコチラ

 

特徴

コントロールジェルmeは以下の特徴があります。

1.全国で200店舗も展開しているサロンが会員向け商品として採用

(つまりサロンでも認められたハイクオリティな商品の証です。)

 

2.塗るだけ!そる必要なし。
(塗って抑毛効果を促進させる新発想のローションなので、お風呂上りや清潔にした状態の時に塗るだけで抑毛=脱毛効果を発揮!)

 

3.38種類の天然の植物成分が主原料
(大豆エキス、ヒオウギエキス、アマチャエキス、ザクロエキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、オウゴン根エキス、ヤグルマギク花エキス、ゼニアオイ花エキス、トウキンセンカ花エキスetc)

 

4.5つのフリー
(合成界面活性剤/人口ジェル化剤/シリコン/人口着色料/香料)

 

5.安心の日本製

 

6.敏感肌やお子様にも安心して使用する事が出来る
(植物成分が主原料や5つのフリーなどの理由から)

大豆エキスについて

コントロールジェルmeで特に注目をして貰いたい成分が「大豆エキス」です。
文字通り大豆の種子から抽出されたエキスです。

 

 

主に女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンが豊富に含まれています。
さらにタンパク質やサポニンなども含まれています。

 

サポニンに関しては、水に溶かして混ぜると、泡立ちがよくなる性質がある為に、天然の界面活性剤とも呼ばれています。
そのため無添加系の化粧品やシャンプーなどにも多く配合されています。
また肌や髪の毛に対する毒性や刺激が少ない天然由来の成分です。

 

よって化粧品やシャンプーに大豆エキスを配合する事によって、

 

潤い効果によるハリツヤ
美白効果
肌荒れ防止
老化防止
ニキビ予防

 

などの効果が期待出来ます。

 

そしてもう1つ重要になってくる効果が『ムダ毛の抑毛』です。
医学分野では、体毛の濃さは男性ホルモンによって影響を受ける一方で、頭皮は同じく男性ホルモンの影響によって薄くなる相対する作用があります。

 

つまり大豆エキスに含まれているイソフラボンには先ほども述べたように女性ホルモンに似た作用がある事から、髭や体毛に塗布する事で、抑毛効果が。その一方で頭皮に塗布する事で、髪の毛の成長が促進されると言う訳です。

 

よってこの作用を利用してコントロールジェルmeには大豆エキスが配合されているのです!

 

その他の植物由来成分

大豆エキス以外にコントロールジェルmeに含まれている植物有効成分の働きは以下の通りです。

 

【ヒオウギエキス】
アヤメ科の植物で、オレンジ色の花を咲かせます。主成分は『イソフラボン』です。
よって女性ホルモンに似た働きをするので、ムダ毛に塗布する事で抑毛効果があります。

 

さらに男性ホルモンの一種のテストステロンが、5αリダクターゼ還元酵素によって作り出される活性型男性ホルモン『DHT(ジヒドロテストステロン』は、発毛を阻害する働きがある一方で、女性ホルモンはこの5αリダクターゼの生成を抑制する働きもあります。よって頭皮に塗布する事で、発毛・育毛効果が期待出来ます。

 

【アマチャエキス】
アマチャは、ユキノシタ科の低木の落葉樹です。見た目的にはアジサイとよく似ている植物です。
葉を蒸して揉んで乾燥発酵させて煎じたものが甘茶になります。非常に甘くて、ショ糖の400倍近くもの甘さがあります。

 

これは『フィロズルチン』『イソフィロズルチン』と呼ばれる成分が含まれているからです。
カフェインを含まないので、お子様から妊婦のヒトにも安心して飲む事が出来ます。
消炎、保湿、柔軟効果があるので、化粧品や頭髪商品によく使用されます。

 

【ザクロエキス】
ミソハギ科ザクロ属の落葉小高木で観賞用から食用になる植物です。
赤い大きな実をつけて外皮が不規則に避けると、その中から果肉と無数の粒があらわれます。
紀元前1000年以上も前からエジプトでは薬用植物として扱われてきました。

 

主にビタミンやミネラルが含まれていますが、それ以上に抗酸化作用のある『ポリフェノール』が豊富に含まれていますいます。
よってメラニンの生成を抑えてシミの予防や美白効果が期待出来ます。

 

その他、種子に女性ホルモンの一種のエストロゲンが含まれていますが、
現在では、その含有量は微量である事と、経口摂取の場合、肝臓で速やかに代謝されてしまうと言った報告がありますので、エストロゲンによるムダ毛の抑毛効果は、限定的であるかもしれません。

 

【カミツレ花エキス】
カモミールはキク科の耐寒性一年草で、和名をカミツレといいます。リンゴの果実に似た匂いがあります。
カモミールティが有名なように、安眠やリラックス効果がある他にも、消炎/健胃/発汗作用がある為に婦人病など用いられているハーブです。その他にも肝臓痛や頭痛などにも効能があると言われています。

 

そしてカミツレに含まれている「アズレン」に抗炎症作用と保湿効果があるので、化粧水、乳液、シャンプー&リンス、入浴剤などのスキンケア商品にもよく使われています。
(恐らくコントロールジェルmeにも配合されている理由は、炎症&保湿目的だと思います。)

 

【セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス】
オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草の植物で、黄色い花をつける植物です。
古くから精神疾患(うつ病、不眠症)や神経痛に用いられてきました。
さらにマラリアや鎮痛剤や火傷や虫刺されなどにも用いられてきました。

 

主な使用方法は、ハーブティーの他に、錠剤やカプセルとして市販されています。
美容面においては、お肌の収れん(引き締め)作用や、消炎効果の他に、男性ホルモンを抑制する働きもあると言われています。
こう言った効果からコントロールジェルmeに配合されている模様です。

 

【オウゴン根エキス】
シソ科タツナミソウ属の多年草で、紫色のつぼみのような花を咲かせます。
コガネバナと呼ばれ、この根を乾燥させたものが黄?(おうごん)で、漢方に解熱や抗炎症作用に用いられています。

 

化粧品にも使用されています。主な目的は、抗炎症・抗アレルギー・抗菌・紫外線吸収抑制など。
特に活性酸素と抗炎症作用には効果的な薬草です。

 

よってシミやシワやニキビや肌荒れ関係の化粧品に配合されたり、アトピー関連の化粧品にも配合されています。

 

主成分は、フラボノイド成分「バイカリン」「バイカレイン」「オウゴニン」「β-シトステロール」などです。

 

【ヤグルマギク花エキス】
キク科ヤグルマギク属の耐寒性の一年生植物です。夏に矢車状の紫色の花が咲きます。
ヤグルマギクの花から抽出されたエキスです。

 

咳止めや、目薬の炎症目的で入っていたり、傷口に塗ったりしてもokなので、昔から抗炎症、抗菌作用があると言われています。
美容目的としては、収れん効果によるお肌の引き締めや、同じく抗菌、抗炎症作用から、ニキビや肌トラブルの化粧品に使用されています。

 

またお肌にうるおいを与える働きがあります。これらの目的からコントロールジェルにも配合されている模様です。

 

【ゼニアオイ花エキス】
アオイ科ゼニアオイ属の多年草植物です。寒さに非常に強い植物です。夏にかけて赤紫色の愛らしい花を咲かします。
主成分は「多糖類」・「タンニン」・「アントシアニン」です。

 

「多糖類」は粘着性があり、保湿力に優れています。

 

「タンニン」はポリフェノールの一種なので活性酸素の発生を抑えてくれる働きがある為に、メラニンの生成を抑えて、シミやシワや美白などに効果があります。

 

「アントシアニン」もポリフェノールの一種で同じく抗酸化作用のある成分で、お肌の老化を防いだり、コラーゲンの生成を促す働きがあるので、高い保湿効果が見込まれます。

 

その他にも、ゼニアオイ花エキスには、収れん作用によって毛穴を引き締める効果もあります。
以上の理由から化粧品に多く使用されています。さらに咳や喉の痛みを沈める作用もあるのでハーブティーとしても親しまれています。

 

【トウキンセンカ花エキス】
トウキンセンカは、キク科キンセンカ属の一年草のオレンジ色の花を咲かせる植物です。マリーゴールドの愛称としても有名です。

 

主成分は、「フラボノイド」「アミノ酸」「カロチノイド」「サポニン酸」です。

 

主な効果は、抗菌、抗炎症、保湿、血行促進、鎮痛作用などがあります。

 

肌にうるおいを与える働きがある事から、化粧水や美容液や乳液にもよく使用されます。

 

さらに抗菌作用もある事から、ニキビケア化粧品にも使用されています。

 

コントロールジェルmeには、保湿効果目的で配合されていると思います。

愛用者の口コミ

コントロールジェルmeを愛用している方たちの口コミレビューです。

≪27歳女性≫

 

私の悩みは背中のムダ毛が濃いことです。お蔭で夏に水着が着れなくて友人からの誘いも断っていました。
そこで今年はプールデビューを頑張ってしてみようかなぁ?と思いコントロールジェルを使い始めたのが今年の3月。

 

最初は朝・晩の2回、体毛が気になる背中を中心に2回塗布していましたが、あまり効果が感じられませんでした。
そこで1回の使用量を今までよりも2倍に増やした結果、効果てき面でした。

 

じょじょに背中のムダ毛が少なくなってきました。残念ながら今年の夏のプールデビューには間に合いませんでしたが、
このまま使い続ければ来年の夏には、全身がツルピカになりそうです。よってデビュー出来そうです。(笑)

 

≪35歳女性≫

 

私は現在ショップ定員なので、仕事柄どうしてもお客様の前でスカートを穿かなければ行けない時があります。
そうなんです!私はすね毛が非常に濃いんです!

 

よってスカートを穿く時は必ずシェーピングで除毛をしますが、いつも肌荒れに悩んでいました。
そこで肌にも優しい抑毛ローション「コントロールジェルme」を使い始める事に。

 

最初の1ヶ月間は全く効果がなくて「返品しようか?」と思ったんですが、DMプレゼントで抑毛シェービングクリームを頂き、
クリームで処理後にコントロールジェルmeを使い始めるようになった途端、私のムダ毛に効果が出始めました。

 

そして使い始めて1年がたった現在では、ムダ毛は完全にはなくなってはいませんが、毛の成長が非常に遅くなり、剃る頻度も使用前に比べれば非常に減りました。さらに足全体に使用しているので、保湿効果によってガサガサ皮膚からつるつる皮膚へと肌質が変化して、キレイになってきました。

 

≪7歳の女の子≫

 

孫が今年の春に小学校に入学しました。しかし本来なら楽しいはずの学校から帰っても、なんだか暗い顔をして家に帰ってきます。
非常に心配になり孫に確かめてみた所、「自身の脚と腕の体毛が濃い事」で軽く馬鹿にされたようです。

 

居ても経ってもいられずに、小さな子供でも安心して使用する事が出来る抑毛ローション「コントロールジェルme」の事を知り、早速使わせてみました。

 

最初は夜にお風呂上りに塗ってあげていましたが、2ヶ月経過をしてもあまり変化がなかったので、その後は朝・晩の2回と、使用回数を増やして様子を見る事に。

 

するとどうでしょう。3ヶ月が経過した頃から、なんとなく孫の体毛が薄くなってきました。さらにお肌自体もツルツルとした感じになってきました。
お蔭様で6ヶ月が経過した現在では、使い始めの頃と比べると見違える程、つるつるになって、孫にも笑顔が戻り、最近は学校生活を楽しんでいるようです。

 

小さな子供にはやはりカミソリでむだ毛を処理するのは少し可愛そうです。
その点コントロールジェルmeは、植物エキスが入った無添加ローションなので、孫にも安心して使わす事が出来ます。本当に助かっています。

 

≪65歳女性≫

 

閉経後、女性ホルモンのバランスが乱れてきた影響からでしょうか?お口の周りの毛が、男性の髭のように生えてきました。
さらに剃るごとに濃くなってきたのが悩みでした。さすがに年齢的に孫もいるのでおばあちゃんとは言え、一応私も性別上は女性です。

 

多少のシワやシミはもう気にならなくなりましたが、口髭に関しては正直みっともないです。

 

よって普段外出時はお化粧をしっかりと入念にしてから出かけるようにしていましたが、いかんせん口の周りだけに、汗をかきやすいので、化粧が落ちやすく、逆に口の周りが目立ってしまっている最悪の状態でした。
そんな時にコントロールジェルmeの事を知り使い始めました。最初は口の周りだけの使用でしたが、使い心地がよかったので、今では顔全体に使用しています。

 

現在は使い始めて4ヶ月目に入りました。使用前と比べて口の周りのシェイピングの回数が随分と減ってきたので満足しています。
その他、お肌に弾力感が蘇ってきました。コントロールジェルmeは、抑毛の他にも美容効果もあるようです。(嬉しい美容効果も体感する事が出来て、鏡を眺めるのが非常に嬉しい毎日です。)

 

≪29歳男性≫

 

私は胸・腕・お腹周りと昔から体毛が濃くて悩んでいます。あまりにも広範囲なので、脱毛エステにも以前通いましたが、お金が続かず、結局途中で通う事が出来なくなりました。

 

そんな時に知り合いに教えてもらったのが「コントロールジェルme」です。

 

使い方は非常に簡単です。剃った後に脱毛効果以外にも、保湿効果もあるので塗るだけです。香りも全く気になりません。何よりも剃毛後の皮膚がしっとりとしてすべすべになります。

 

今年の2月頃から使い始めて今は3ヶ月が経過しました。幾分体毛の量が減ってきたような感じです。

 

コスパもいいので、特に私のように広範囲にムダ毛に悩んでいるヒトにはおすすめかもしれません。
早く海とか、SPAで、上半身裸になっても、他人に不快な顔をされないようになりたいです(笑)